本質的価値+時間的価値②

オプション学習用

こんにちは。

ちょりーなです。

 

シリーズでお届けしている、生徒さんからのブログ記事、第23弾です

最初の記事

生徒Aさん「はじめまして。その1」投資のきっかけ
こんにちは。 ちょりーなです。 今回から、シリーズで、 生徒さんからの記事を載せていこうと思います。 結構いまの成績はどうですかー?と質問いただくのですが、 私の成績はいまやインスタがメインなのReadMore...

 

今回はオプションの知識編ですね!!

 

本質的価値+時間的価値②

前回からの続きです

本質的価値+時間的価値①
こんにちは。 ちょりーなです。 シリーズでお届けしている、生徒さんからのブログ記事、第22弾です 最初の記事 今回はオプションの知識編ですね!! 本質的価値+時間的価値① オプショReadMore...

オプション価格の価値

オプション価格の価値は

【本質的価値】と【時間的価値】の2つの価値から成り立っています。

具体的な例をあげて説明してみます!

日経平均株価が21,750円で
権利行使価格が21,500円のコールオプションがあったとしたら

そのオプション価格の本質的価値
21,750円‐21,500円=250円です。

「日経平均がここまで上がればいいな」と思っていた権利行使価格を
日経平均がさらに超えて上昇したので
その上昇分がオプション価格の本質的な価値だということです。

もしこのオプション価格が450円だとしたら
そのうちの250円は本質的価値で、残りの200円が時間的価値ということになります。

何回も読んでなんとなく理解できる感じですね(^^)

プットオプションの場合も説明してみます‼

日経平均株価が21,250円で
権利行使価格が21,500円のプットオプションは
その時のオプション価格の価値は250円です。

考え方はコールと同じで「ここまで下がるだろう」という権利行使価格を
日経平均が下回ってきたので
その下落分が本質的な価値で残りが時間的価値になります。

そして下記の場合は本質的価値はゼロ円になります。
・日経平均=権利行使価格
・日経平均<権利行使価格のコール
・日経平均>権利行使価格のプット

もし上記のオプション価格が100円ならそのすべては時間的価値ということになります。

「この権利行使価格まで上がる(下がる)だろう」に
日経平均が到達しなかった場合に本質的価値はなくなり、

オプション価格がすべて時間的価値になるということですね☆

何度も復習して頭に落とし込みましょう‼

私のコミュニティについて

私ちょりーな主催のコミュニティでは

毎月、定期的に勉強会をグループ内で行っています!

毎回テーマを変えて、

月2回行っていきます!

 

希少なオプショントレーダー仲間と

このコミュニティで知り合い、高めあい

さらなる成績向上を目指していきましょう!

 

オプション取引を一緒に行い資産形成しましょう

オプション市場についてまだ知識が浅い中、

なかなか情報が少ない中で困っていたり、

そんなときに仲間がほしいと思うようになりました。

よければ公式LINE、TwitterやInstagramをフォローしてもらえたらうれしいです。

公式LINE

Twitter:@sosokano072

Instagram:chorina_option

楽天ROOM で生活を充実させるような商品をコレ!してます

ハピタス紹介用URL トレード資金かせぎにコツコツやってます。

Note:https://note.com/chorina 有料記事はこちらで。

スポンサーリンク
オプション学習用生徒さんの感想記事
スポンサーリンク
友だち追加
スポンサーリンク
友だち追加
ちょりーなをフォローする
じゃぱせっと。夢の資産形成

コメント

タイトルとURLをコピーしました